アントニオ猪木専属マネジメント 肖像権・商標権・著作権管理・出演依頼

JP EN

アントニオ猪木プロフィール

本名:猪木寛至(いのきかんじ)
1943年2月20日、神奈川県横浜市鶴見区出身。

家業は石炭問屋を営んでいたが戦後のエネルギー需要が石炭から石油にシフトしたのを受け、13歳の時に一家でブラジルに移住する。
早朝5時からのコーヒー豆収穫を行いながら、砲丸投げ競技で頭角を顕し、地元大会で優勝して話題となる。

【格闘家として】
猪木は自身の最強を証明するため、格闘技の英雄アクラム・ペールワン、「熊殺し」の異名をとる空手家ウィリー・ウィリアムスとの対戦など、異種格闘技路線への挑戦を続け、後年の総合格闘技の礎を築いた。
中でもプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され話題を呼んだ。ゴングと共に、タックル、投げ技、関節技などを禁止された猪木はアリの足元にスライディングをして、アリを転倒させる作戦に出たが失敗。それから猪木は幾度となくリングの上に寝転がり、アリの足を集中的に蹴った。そんな猪木の攻め方に、少し苛立ちを感じたアリは猪木に立つように挑発。猪木も何度か立ち上がりはしたものの、またアリの足を狙いに寝転がった。 猪木の蹴りによるダメージは確実にアリに蓄積していたが、試合中では足の痛みを晒け出すことなく常に軽やかなステップを踏み続けた。 互いに決定打を出すことはできず3分15ラウンドを戦い抜き、引き分けという結果に終わった。試合後、猪木のキックによりアリの太ももは激しく腫れ上がり、膝の裏に血栓症を患い、5年後の現役引退の大きな要因になった。

【政治家として】
1989年、「スポーツを通じて国際平和」を合言葉にスポーツ平和党を結成。第15回参議院議員通常選挙に比例区から99万3989票を集めて初当選し、史上初のレスラー出身の国会議員となった。1990年8月2日、当時サッダーム・フセイン政権下のイラクが突如クウェートに侵攻(湾岸戦争)。イラクは日本を含む国際連合からの非難や制裁措置を受け、当時クウェートにいた日本人41人などを事実上の人質としてイラクヘ連行・国外移動禁止処分にする。猪木は12月1日にイラクで「平和の祭典」を行うことを発表。外務省はこれに難色を示したが、猪木は個人で費用を負担してトルコ航空機をチャーター、関係者や人質被害者41人の家族46人と共にトルコ経由でバグダードへ入った。このイベントの開催後に、在留日本人と全人質が解放された。
2013年6月5日、日本維新の会より、第23回参議院議員通常選挙比例代表での出馬を表明。同年7月21日の投開票において、獲得票数35万6606票(同会内最多得票)で当選し、18年ぶりの国政復帰を果たした。

img_profile